COLUMNコラム

勤怠管理の必要性と導入のメリット・デメリットについて

目次
勤怠管理とは?
なぜ勤怠管理が必要なのか?
近年話題のクラウド型勤怠管理システムを導入するメリット
クラウド型勤怠管理システムを導入するデメリット
まとめ

勤怠管理とは?

勤怠管理とは、従業員の出退勤・休暇・欠勤などの状況を把握し、適切な勤務時間を守れているかどうかを管理することです。
企業によって勤怠のルールや管理方法は異なり、自己申告制で勤怠管理をおこなっている企業や、タイムカードを用いて勤務時間を記録している企業、エクセルで管理をしている企業など、さまざまです。

なぜ勤怠管理が必要なのか?

企業にとって一番大事な資源である「人材」は、同時に多大な費用がかかる固定費でもあります。
勤怠管理は、従業員の就業状況を把握して適切な給与を社員に支払うために必要なもので、また、企業のコンプライアンスの観点から従業員の労働時間の確認をするために不可欠なものです。

近年話題のクラウド型勤怠管理システムを導入するメリット

◇勤務状況に合わせて最適な打刻方法を選択でき、漏れや不正の防止にもつながる
◇勤怠データの集計作業が大幅に削減できる
◇人件費がリアルタイムで把握でき、残業時間や休日出勤の割増手当などの給与計算も効率化できる
◇労働法改正への対応が容易にできる
◇アラート機能により、勤務超過や打刻忘れなどを未然に防ぐことができる
◇人事戦略への勤怠データの活用
◇業務効率化、ペーパーレス化などによるコスト削減

クラウド型勤怠管理システムを導入するデメリット

◇管理機能を扱いきれない場合がある
◇導入コストがかかるため経営層の理解が得づらい場合がある
◇自社の勤怠形態・規模に見合っていないシステムの場合がある
◇他のシステムとの連携ができない場合がある

まとめ

勤怠管理は事業者にとっても、従業員にとっても必要な管理項目です。
近年タイムカードや手入力のアナログ管理よりもシステムを利用している企業が多いようです。
ですが便利なシステムも用途に応じて比較して導入を検討しなければ、システムが浸透しない場合があるように思います。
活用には比較が必要だと思うので、以下2019年上半期でシェア数(ネット記事引用)が多かったTOP3を記載します。

CONTACTご依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-915-935

受付:平日 10:00 - 18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム