今の調達費用の価格は本当に適正ですか?

企業での購買は一度契約をすると、切り替えや交渉をする機会が無いのがほとんどですが、供給価格は日々変化しております。その変化をする背景には下記のような理由があります。

  • 数量企業の成長と供に購買数も増加します。数が増えると削減の余地が出てきます。
  • タイミングサプライヤー側の都合(例えば決算期等)で、通常でないようなプランが出たりします。
  • 市況市場にライバルが多い業種は価格が下がる傾向にあります。
  • 技術革新新技術での業務効率改善や、サプライヤー側で償却を得た商材等は安値にて展開されるケースがあります。
  • 専門家その分野の専門家が御社の購買データを精査し、コスト削減のご提案をします。
  • ライバル現行のサプライヤーと競合となるサプライヤーの出現により、既存サプライヤー側の価格が下がるケースがあります。
       

今の調達・購買の費用を上手くコスト削減する方法

上手くコスト削減する方法 アイコン

最安値は常に更新されるので、判断基準を明確にして決断をする

               

サプライヤーの提供価格は常に変動します。そのため、今の最安値が半年後、1年後には最安値の価格でない場合があります。その安値を追って決断が出来ないと結局コスト削減のメリットを得られずに、既存の高いコストのままの状態となります。そのため、調達費用のコストに取り組む場合は判断基準と大枠のゴールを明確にして、その基準に達したら遂行する事が重要です。もう少しコスト削減できるのではないか?という曖昧な判断基準があるといつまでも終わらない取り組みとなり、結局高い調達を続ける形となります。

               

POINT コストを取り組む際は目標基準値を決めて、それを達したら遂行する事が重要

上手くコスト削減する方法 アイコン

コスト削減は期間を決めて実施する事:タイムバリュー

               

コスト削減は期間を決めてすぐに実施する事が重要です。コスト削減を進めて、試算をした時点で各社の安い価格が出ても、判断が出来ず、模索検討した結果半年ほどの期間を要しまったケースがありました。結局当初見積もりを取得した価格より少しのコスト削減効果がある結果は得られたものの、その半年間の削減の恩恵を考えると、半年前に遂行していたよりもコスト削減効果は低減されてしまいました。
今提示された最安値のサプライヤー提示価格を活かさず期間を置くと、その期間分だけが高く調達する事となり、相対的にみてコスト削減効果が小さくなる結果となります。

               

POINT 削減出来ると分かったら期限を決めて実施が必須

CONTACTご依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-915-935

受付:平日 10:00 - 18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム