COLUMNコラム

日本の「ポイント経済」は1兆円市場!キャッシュレス派は現金派よりもうまく資産を残せる?

現金以外の決済方法が増えるにつれて、日本では「ポイント経済」が成長している。その市場規模は、なんと1兆円。現在も様々なポイントカードが出てきており、JCBの調査から現金派よりもキャッシュレス派の方がうまく資産を増やしているという結果が見えてきた。

1.日本人はポイント好き

日本で、何かポイントを貯めているかを聞いてみると93.9%が「はい」と答える。
ネットショッピングや共通ポイントサービスが普及するにつれて急速に成長が進んでいる。
ポイント発行額を見ると、2015年度の時点で1兆4,440億円。想像以上の規模を持っており、日本人はポイント好きな国民性を持っていると言える。

2.キャッシュレス派は現金派よりも2.7倍も貯蓄上手

3月19日にジェーシービーが調査結果を発表した。こちらによると昨年1年間での平均貯蓄額を比べたところ、キャッシュレス派は87.6万円、現金派は32.5万円と2.7倍の差が出ていた。

CONTACTご依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-915-935

受付:平日 10:00 - 18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム