COLUMNコラム

携帯電話の進化について

目次
携帯電話の歴史

現在に至るまでの年代別“携帯できる電話”のヒストリー

携帯の進化を振り返って

携帯電話の歴史

携帯電話の元となる技術はモールス符号を用いる無線電信機と言われています。
1946年にはアメリカで無線の電話回線サービスMTS(MobileTelephoneService)を開始。
“携帯できる電話”を開発する研究はかなり昔から行われてきたが、電波のノイズやバッテリーの問題などで電話機が非常に大型になってしまい実現が難しかったようです。

現在に至るまでの年代別“携帯できる電話”のヒストリー

1960~1970年代の携帯電話

車やバイクへの設置はできるものの、人が持ち運ぶには非実用的なサイズでした。
1960年代にやっと両手で持ちながら会話ができるサイズに。
1970年代に頑張れば片手で持てる程度まで小型化した模様です。

1970年代前半~1980年代前半(車載電話)

1978年アメリカでは実用化実験の許可が出ていたのに実現には至らなかったそうです。
その間、日本では1979年に移動通信システムが世界で初めて実用化されました。
ただ、この時点では“携帯できる電話”ではなく車載電話機を使った自動車電話でした。
追って1981年アメリカでも実用化されました。
1980年代前後から一部の先進国で車載電話機として、携帯電話機の販売やサービスが開始されました。
当時の固定電話と比較すると、導入価格や通信費用は数十倍であるうえに、エリアがかなり限られていたそうです。

1980年代後半の携帯電話

昭和の歴史ではお馴染みのショルダーフォンがNTTから発売されたのは1985年の事でした。名前の通り肩からかけて持ち運ぶもので、重量は約3キロ。
“携帯電話”と称したものは1987年にNTTから発売され、重量は900グラムまで軽量化されたそうです。

1990年代から現在2019年に至るまでの約30年で携帯電話は爆発的な進歩を遂げました。
下記に年別ごとにまとめました。

携帯の進化を振り返って

この進化の過程を1ユーザーとして、時に流行に乗り、時に個性的なデザインを選び毎日持ち歩いてきたからこそ、懐かしさを感じ、その時はすごい!と思っていた事がたった数年で“古いもの”に変わってしまう事に驚き、恐怖すら感じました。
人は1度慣れてしまうとその機能以下の物は求めない場合が多いと考えます。
次々と新しいシステムが搭載され、どこにいても個人を特定して連絡が取れるのは非常に利便性が高いですが、それが時にメリットになりデメリットにもなると思います。
現代では電話としての機能よりも、ネット環境を用いた利用時間が大幅に多い事から、これからもっと違う形に変わっていくのだろうと想像しています。

CONTACTご依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-915-935

受付:平日 10:00 - 18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム