COLUMNコラム

UTMとは?

目次
UTM(Unified Threat Management)とは?
UTM導入のメリット
UTM導入のデメリット
セキュリティ対策としてUTM導入に適した環境

UTM(Unified Threat Management)とは?

統合脅威管理と呼ばれ、セキュリティ対策の1つです。
より専門的な表現をすれば、UTMとは、複数の異なった機能をもつセキュリティツールを一つのパッケージに統合し、すべての機能を一元的に管理することを意味します。
組織のネットワークを脅かす様々なリスクに対し、個別に機器を導入し管理をするのではなく、集約により効率的な運用を目指しています。
LANとインターネットとの間に複数のセキュリティ機能を集約したセキュリティゲートウェイを設置し、集中管理しています。

UTM導入のメリット

・何重もの対策により、幅広く防御する力を強化できる
・機器毎に何度も設定する必要がなく、作業時間を軽減できるため、人件費の抑制が可能
・優先的に必要な対策はあらかじめ揃っているため、膨大なリスク分析をしなくても
導入は比較的安心
・組織外部からの攻撃だけでなく、組織内部からのリスク対策にも対応しているため、
情報漏洩などを防ぐことも可能

UTM導入のデメリット

・別のセキュリティ対策ごとにベンダーを選べない
個別にセキュリティ対策するなら、各分野で優れている製品を選べばいいが、UTMはすべてが統合されているため、どの機能もそれなりに定評がある製品を選び出す必要がある。
・専門的な製品には機能的に劣る場合もある
UTMは一つのパッケージでほとんどのセキュリティ機能を網羅できますが、逆にいうと一つひとつの機能においては、そこに専門的に特化した製品には敵わない部分がどうしてもあります。
・UTMがダウンした場合のリスク
さまざまな機能をもつUTMですが、それを同時に稼動させてしまうと大きな負荷がかかり処理能力が落ちてしまうことがあります。
それによって、業務で使用する通信の速度が低下してしまう懸念もあります。
場合によってはUTM自体が落ちてしまうことによってネットワークが利用できなくなる可能性も皆無ではありません。
そういったリスクも念頭に置きながら、不要な機能はなるべく使わないなどの工夫をしながら慎重な運用を心がける必要があります。
・導入費用が掛かる
高機能のため機器単体のコストは上昇しがち。購入ではなく、レンタルサーバーのオプションとして利用すれば、初期費用を抑えることが可能

セキュリティ対策としてUTM導入に適した環境

・顧客情報など重要な情報を扱う組織またはブランド
・組織内にセキュリティ専任担当者がいない組織
・組織の重要なデータ流出を防止する場合
・情報セキュリティ関連の認証取得を検討している

CONTACTご依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-915-935

受付:平日 10:00 - 18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム