NEWSニュース

ビックカメラ、減益の一端に「PayPay」と「Apple」の教訓

12月にPAYPAY効果で大幅な売上増となったビックカメラですが、
反面、APPLE製品など粗利率の低い商品の販売幅が多くなり、前期の売上は向上したものの、経常利益は下がっている状況。

キャンペーンなどによる目に見えやすいメリットには反面したデメリットが健在しているケースがあるため、売上向上の施策を打つ際は、慎重なデメリット面の精査が必要と感じます。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00142141-bcn-sci

CONTACTご依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-915-935

受付:平日 10:00 - 18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム