NEWSニュース

孫正義が投資するブッ飛んだAI企業4社 4年で2,000%成長、毎分43,000回価格変更…

根本的なコスト削減はやはり技術革新にあります。その中でもAIの台頭はそれを大きく牽引しているのではないでしょうか。
ここで取り上げられている4社がどのような技術でこれまでの業界のスピードを変えたか?について下記で見ていきましょう。
 
1.OYO Hotels&Homes(創業してわずか6年弱で、世界一のホテル企業へ)
・早い意思決定:通常6カ月~12カ月程度→5日(数億というデータポイントで分析、リアルタイムで予測)
・最適な家具を選択することで客室の稼働率が3倍に
・18%だった稼働率を数週間で90%へ(照明を明るくし、清掃をよりよくした)
・スタッフに客室清掃管理アプリを提供し、2.5倍の業務改善と給与アップへ
・アルゴリズムで1日当たり5000万件の価格調整
 
 
2.Grabグループ
・毎日40テラバイトのデータでどこで需要が高くなるのかなどをAIで予測し、価格も設定
・一番いい経路のレコメンドし渋滞を回避
・AIが食の好みや場所に応じて最適な食事を提案(食事の廃棄代の削減)
・信用スコアを生成し、金融取引を実施
 
 
3.Paytm
・AIによってミリ秒の精度で1000以上のルールを適用(消費者の個人情報、店舗のプライバシーなど、ビジネスの安全を確保)
・蓄積された膨大なデータを活用したローン審査によって、リアルタイムクレジット決済を実現
・それらスコアを元に革新的で低コストの保険商品も提供
 
 
4.Plenty
・最高の味覚、高い栄養価を提供できるよう環境、栽培方法をAIでコントロール
・成長もコントロールし、非常に効率よく収穫できるようになっている(最大350倍の収穫性)
・野菜の育成に欠かせない水も、従来の95%以上の節水が実現
・近郊に室内農園が作れるので物流コストも削減
 
 
孫正義が投資するブッ飛んだAI企業4社 4年で2,000%成長、毎分43,000回価格変更…
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190902-00036903-biz_plus-sci

CONTACTご依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-915-935

受付:平日 10:00 - 18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム