NEWSニュース

もううんざり…「固定資産税を安くする方法」お教えします

不動産をお持ちの方は確認をした方がいい固定資産税に関するニュースです。

総務省調査で、約97%の市町村で固定資産税のなんらかの課税ミスが発覚しているそうで、今支払いをしている方は確認をした方がいいと思います。
では、具体的にどのような事項を確認するのかを下記で見てきましょう。

「課税明細書」を確認し、下記の3つを確認した方がいいとの事です。
1.現況地積(A)
公用道路など、本来は非課税の土地が、現況面積に誤って含まれていないか?

2.固定資産税評価額
価格(B=固定資産税評価額)を現況地積(A)で割って出る1平方メートルあたりの固定資産税評価額を算出し、辺の土地と比較し、高くないかどうか?
(各区にある都税事務所で、他の土地の固定資産税評価額を参照)
斜面になっている『がけ地』が抜けていないかどうか?

3.課税標準額(C)
200平方メートルまで小規模住宅用地(D)という減免措置によって、固定資産税がかかる課税標準額が6分の1(都市計画税は3分の1)になるそうです。

その他
・耐震改修を申請すれば、翌年の固定資産税が半額。
・バリアフリーのリフォームでも、65歳以上や要介護(または要支援)の人が住む場合、翌年の固定資産税を3分の2に減額
・東京23区内なら120平方メートルまでの床面部分は固定資産税が全額免除
・大阪市なら、夫と死別して、子どもがいる寡婦は固定資産税が半額

以上が主な概要です。
固定資産税をお支払いの方はまずはチェックしてみてください。

もううんざり…「固定資産税を安くする方法」お教えします
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66222

CONTACTご依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-915-935

受付:平日 10:00 - 18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム